写真をスライドして動かす(VideoPadの使い方)

スポンサーリンク
YouTube Preview Image

写真をスライドして動かす

ズームはかけずに、ただ、横にスライドする動きをします


スライドをしたいクリップをクリック①

クリップの左下にある ②をクリック

エフェクトウィンドウが開きます

エフェクトウィンドウの中から、“ズーム”クリック③。
左側にクリップが表示されます。④

「あら、④が開かずに図1の状態になったけど…」という方は、“ズーム”と書いてある左の をクリックしてください。 図2の状態になります。


このままでは、操作がしにくいので、ウィンドウを大きくしましょう。エフェクトウィンドウ右上にある ⑤をクリック

全画面表示になった。
元に戻したいときは、右上にある ⑥をクリック。

開始する最初のサイズと位置を決める


まず、“割合維持”にある割合を“16:9”にします⑦。
次に、 ⑧をクリック。

これより、開始ポイントをきめます。

サイズを変更したら、次に位置を変えます。


変更したサイズの上⑨にマウスを移動すると のカーソルに切り替わります。その状態で、ドラックすると、位置を変更できます

“変更を保存”⑩をクリック

終点の位置とサイズを決める


⑪をクリック。
終了時のサイズを決めます。


開始位置と同じサイズと位置が反映されました。
終点の位置を決めます。

先ほどと同様に で終点の位置まで移動します⑫
“変更を保存”⑬をクリック

再生を押して確認しましょう


ズームをしたいクリップをクリック①
再生 ②をクリック

”二回に分けたズーム”のページへ
”写真を黒の背景の上でズーム”のページへ

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。