背景に動画を入れて、豪華に見せる(VideoPad&Gimp)

スポンサーリンク

こういった動画になります。

YouTube Preview Image
ここでは、“ハートスライド”を使用し、豪華に演出する方法を説明します。

Gimp 編集

まず、使用したいGimpを使用し写真を加工し、縁にぼかしを与えます。

これから行う作業


Gimp を立ち上げ、使用する写真をドラック&ドロップします。
挿入されたことを確認


レイヤーウインドウの上で右クリック

“アルファチャンネルを追加”を左クリック

トラブル!? レイヤーウインドが出ていない場合

“ウインドウ”‐“ドッキング可能なダイアログ”‐“レイヤー”の順でクリック。


をクリック
ツールボックスで“境界をぼかす”をクリックし①、半径の値を“50”と入力②。
(半径の値は写真によって調整してください)

写真の内側をドラックし、選択範囲を決めてください(点線で囲まれた部分が選択範囲です)


“選択”‐“選択範囲の反転”をクリック

“選択”‐“消去”をクリック

ぼかしを入れた写真の完成です。

別名で保存を行う


“ファイル”‐“名前を付けて保存”をクリック

ファイル名を“○○ぼかし”と新しいファイル名を入力③
保存先の場所をデスクトップをクリック④した後に“生い立ちビデオ”フォルダないのどこかに保存先を決めてください。⑤

拡張子を変更する


ファイルタイプを選択の左にある をクリック。



“保存”をクリック。


“保存”をクリック

VideoPad編集

作成したぼかした画像をVideo Pad に挿入し、完成させます。プロ技を使用するので、[背景に動画]専用のVideo Pad を新規で開いてください。作成キットでダウンロードした素材を使用します。
Gimp で先ほど作成したぼかし画像を使用します。


作成キットでダウンロードした“heat slide”を“ビデオトラック”に挿入①。
先ほど作成した“ぼかし画像”を“オーバーレイトラック”に挿入②。


“オーバーレイトラック”に挿入した“ぼかし写真”を左端までドラックし移動する


オーバーレイトラックに挿入した“ぼかし写真写真”をクリックし、サイズを変更(60程度)、“フェード”を選択、デュレーションに“7”を入力、位置をセンターにします。

ビデオトラックに挿入したクリップをクリック

クリッププレビューで“アウトポイント”をクリック

“0:00:07”と入力
“設定”をクリック

以上となります

ちょい技を使用するために、[背景に動画]専用のVideo Pad を新規で開いて操作してきました。
これを保存≪ビデオの書き出し≫、背景に動画の作業を終了します。
ファイル名“背景に動画”
保存先“デスクトップ‐生い立ち‐素材”

お疲れ様でした

これで、[背景に動画]の素材が完成したので、今まで手掛けてきたVideo Pad(現在曲などを載せて、編集を行っている大元)で作業しているVideo Pad にこの素材を挿入≪写真を取り込む≫して終了です。

”セピアからカラー”のページへ

”縦横に写真をいっぱい降らせる”のページへ

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。