VideoPadテクニック

はっきり言って、市販のソフトを使えば容易にできます。しかし、私がこだわるのは、フリーソフトを駆使し、使い込んで、市販のソフトに負けないクオリティーを生み出すことです。
YouTube Preview Image
紹介している技は、生い立ち編集において、良く使われるテクニックです。もちろん、“俺はまだすごいものを作るぞ!”と、思い、実行すれば、無限大に可能性は広がりますので、チャレンジされる方は、ぜひぜひがんばってくださいっ!

ちょい技特集の作り方

Video Pad で作成中、「あ、ここ2枚だしにしたいな(プロ技特集を使いたいな)…」と思ったとします。
その場合、2枚だしのシーンを新規Video Pad で一度作り、完成、コンピューターデータとして書き出して、そのファイルを今まで手掛けてきたVideo Pad(現在曲などを載せて、編集を行っている大元)に挿入していかないといけません。

    1. 一度Video Pad (現在曲などを載せて、編集を行っている大元)を保存

保存したVideo Pad の名前を仮に“メインの生い立ち”という名前にしたとします。

    1. 新規Vido Pad を立ち上げる。

新規Video Pad のファイル名を仮に“新郎2枚だし”という名前にしたとします。

    1. 新規に立ち上げた“新郎2枚だし”で2枚だしを作り≪マニュアルに作成法が載せてあります≫、完成。
    2. 3で完成させたものを書き出します。

書き出す時のファイル名を仮に“新郎2枚だし素材”とします

  1. “メイン生い立ち”を再度立ち上げ、新規に作り出した“新郎2枚だし素材”を“メイン生い立ち”に挿入します。

以上がちょい技を使いたいときの流れになります。

なんだか難しそうだな…と思う方もいますが、やってみれば簡単で、慣れればもっと簡単です。

2枚だし

YouTube Preview Image
2枚だしのページへ

セピアからカラー

YouTube Preview Image
セピアからカラー

背景に動画(付属のネタ)を入れて、豪華に見せる

YouTube Preview Image

”背景に動画を入れて、豪華に見せる”ページへ

スポットを当てたような効果を付ける

”スポットを当てたような効果を付ける”ページへ
YouTube Preview Image

縦横に写真をいっぱい降らせる

”縦横に写真をいっぱい降らせる”ページへ
YouTube Preview Image

MP4、VOBをwmvに変換 フリーソフト

MP4、VOBをwmvに変換 フリーソフトのページへ移動

ページ一覧