エフェクトで画像に効果をつける(VideoPadの使い方)

<スポンサーリンク>

エフェクトとは

エフェクトとは、ビデオトラックに挿入した写真や動画に変化を加えることです。
セピアにしたかったり、モノクロにしたかったり、明るくしたり、暗くしたりする操作がこのエフェクトになります。

エフェクト効果を付けたい素材をクリックし、上部のツールバーの[動画エフェクト]をクリックします

お好みのエフェクトをクリックすると(ここではセピアをクリックしました)エフェクト効果がつけられます

素材がセピアに変更されました

他の方法として、エフェクトを付けたい動画トラックに配置された素材の[FX]をクリックするとこで、【エフェクト】のウィンドウを出すことができます

【エフェクト】の画面がでたら、上部の[+]をクリックすると、エフェクト効果の画面ができます。

クリップのプレビュー上にマウスをもっていき右クリックから[動画エフェクトを編集]をクリックすると、先ほどの【エフェクト】の画面が出るので、こちらからもエフェクトを挿入できます

エフェクトは複数つけることができます
下図は、”モザイク”と”枠線”と”セピア”の3つのエフェクトを入れています

≪前のページへ【クリップの移動】

次のページへ【エフェクトの削除】≫

エフェクトの使い方


エフェクト効果を付けたいクリップをクリック。
選択したクリップの左下にある ①をクリック。

左の画面が開きます。
“エフェクトライブラリ”の中から、お好きなエフェクトを選んでクリックしてください。それだけエフェクト効果をつけれます。また、②で下にスクロールすることで、他のエフェクトも選べます。

参考 エフェクト効果を複数選ぶことができます。

“エフェクトライブラリ”の中から、エフェクトを複数クリックすることで複数のエフェクト効果を適応できます。エフェクトライブラリ内の“白黒”と“ズーム”をクリックすれば、白黒になった写真をズームすることができます。

左図は“ズーム”と“白黒”をクリックしたものです。
“使用済みエフェクト”に反映されています③。

≪前のページへ【クリップの移動】

次のページへ【エフェクトの削除】≫

<スポンサーリンク>

ページ一覧