写真をズームする(VideoPadの使い方)

<スポンサーリンク>

写真をズームする

こういったものを作りたいと思います。

エフェクトの画面を出します。
エフェクトの画面を出す方法を3つ紹介します

  • ズームしたいクリップをクリックし、動画トラック内の[FX]をクリックします
  • ズームしたいクリップを右クリックし[エフェクト]をクリックします
  • ズームしたいクリップをクリックし、キーボードのショートカット[Alt]+[V]を押します

エフェクトの画面がでたら、[エフェクト/テンプレート挿入]をクリックします

エフェクトの種類を[ズーム]をクリックします

始点を決めます

クリップ・シーケンスのプレビューの箇所が[クリップのプレビュー]のタブになっていることを確認します

先ほどのエフェクトの画面で”比率”の項目を[16:9]に変更し、[キーフレーム]のアイコンをクリックします

クリップのプレビューに点線で枠ができます。この枠が、再生時の画面です。右下の小さい■にマウスをもっていき、サイズを調整します

次に、調整したサイズ内にマウスを移動しドラックしながら、画面の始点を決めます

終点を決めます

エフェクトの画面のインジケーターを一番右の最後に移動します

[キーフレーム]のアイコンをクリックします

終点の画像のサイズと位置をさきほどの要領で調整します
ズームするときは、サイズを小さくし、逆にヒキ(パン)するときはサイズを大きく調整します

エフェクトにパラメーターのラインがひかれます

≪前のページへ【トランジッションの削除】

次のページへ【2回に分けてズーム】≫

ステップ1

ズームをしたいクリップをクリック①

クリップの左下にある ②をクリック


エフェクトウィンドウが開きます。


エフェクトウィンドウの中から、“ズーム”クリック③。
左側にクリップが表示されます。④

「④が開かずに図1の状態になったけど…」という方は、“ズーム”と書いてある左の をクリックしてください。 図2の状態になります。


このままでは、操作がしにくいので、ウィンドウを大きくしましょう。エフェクトウィンドウ右上にある ⑤をクリック


全画面表示になった。
元に戻したいときは、右上にある ⑥をクリック。

step2 開始する最初のサイズと位置を決める


まず、“割合維持”にある割合を“16:9”にします⑦。
次に、 ⑧をクリック。

これより、開始ポイントをきめます。

サイズを変更したら、次に位置を変えます。

変更したサイズの上⑨にマウスを移動すると のカーソルに切り替わります。
その状態で、ドラックすると、位置を変更できます

“変更を保存”⑩をクリック

終点の位置とサイズを決める


⑪をクリック。
終了時のサイズを決めます。

サイズを変更したら、次に位置を変えます。

変更したサイズの上⑫にマウスを移動すると のカーソルに切り替わります。
その状態で、ドラックすると、位置を変更できます

“変更を保存”⑬をクリック

ズームインをしたい場合:開始位置で作成するサイズを終了位置で作成するサイズより大きくする。
ズームアウトをしたい場合:開始位置で作成するサイズを終了位置で作成するサイズより小さくする。

再生を押して確認しましょう


ズームをしたいクリップをクリック①
再生 ②をクリック

≪前のページへ【トランジッションの削除】

次のページへ【2回に分けてズーム】≫

<スポンサーリンク>

ページ一覧