セピアからカラー(VideoPad)

<スポンサーリンク>

セピアからカラーに自然にする方法

セピアからカラーにする方法を2つ紹介します。一つはクリップを2つ用意し、クロスフェードでつなげる方法。もう一つは一つのクリップで編集する方法です。

まず、クリップを二つ用意する方法から説明します

  1. 編集したい画像素材をクリップのビンから動画トラックへドラックします。それをもう一度繰り返し、動画トラックに同じ素材が二つ並ぶようにしてください
  2. 最初に配置した素材の[FX]をクリックし[エフェクト/テンプレートを挿入]のプラスのアイコンをクリックし、出てきたエフェクトの中から[セピア]をクリックします
  3. 前半部分のクリップがセピアになったことを確認します
  4. クリップとクリップの間にある[動画の切り替え効果を挿入]のアイコンをクリックし[クロスフェード]をクリックします

以上で完成です

次に、クリップを一つで編集する方法を説明します

  1. 一つの素材を動画トラックに配置します
  2. 動画トラックに配置されたクリップの[FX]をクリックし[エフェクト/テンプレートを挿入]のプラスのアイコンをクリックし、出てきたエフェクトの中から[セピア]をクリックします
  3. 【エフェクト】の画面が出ますので、一番最初にインジケーターが来ていることを確認して[キーフレーム]のアイコンをクリックします
  4. インジケーターを一番最後に移動し、”強度”の項目を[0]にします

以上で完成となります。

パンズームやスライド移動をしながらセピアからカラーに戻すといった作成をしたい場合、”クリップを一つで編集する”の方法がいいかと思います。

≪前のページへ【2枚だし】

次のページへ【背景に動画(付属のネタ)を入れて、豪華に見せる】≫

[セピアからカラー]専用のVideo Pad を新規で開いてください。
セピアからカラーにしたいクリップを選択①
デュレーション(秒)に“7”を入力、適用するをクリック②

“エフェクト ③”をクリック

“トリミング④”を選択し、
“16:9⑤”を選択し、
領域を調整する⑥。


トランジッション ⑧をクリック


“クロスフェード”を選択し⑨デュレーション(秒)に“2”を入力⑩。“適用する”⑪をクリック


先ほど分割し、2つに分かれたクリップの前のクリップを選択⑫。
“エフェクト”をクリック⑬

“セピア⑭”をクリック

作業は以上となります

ちょい技を使用するために、[セピアからカラー]専用のVideo Pad を新規で開いて操作してきました。
これを保存≪保存の仕方≫し、セピアからカラーの作業を終了します。
ファイル名“セピアからカラー”
保存先“デスクトップ‐生い立ち‐素材”

お疲れ様でした。
これで、[セピアからカラー]の素材が完成したので、今まで手掛けてきたVideo Pad(現在曲などを載せて、編集を行っている大元)で作業しているVideo Pad にこの素材を挿入≪写真を取り込む≫して終了です。

セピアからカラーの素材に動きを加えたい方は、引き続きお読みください

こういった動画になります

作り方
再度プロ技を使用するので、[セピアからカラー発展]専用のVideo Pad を新規で開いてください。
先ほど作成した素材[セピアからカラー]を新規で開いたVideo Padに挿入してください

挿入した素材をクリック①
“エフェクト②”をクリック

“ズーム③”を選択し、開始ポイント、終了ポイントを手掛ける④。
参考(写真をズームする)

再生を押して確認する

”2枚だし”のページへ

ちょい技を使用するために、[セピアからカラー発展]専用のVideo Pad を新規で開いて操作してきました。これを保存≪ビデオの書き出し≫、セピアからカラー発展の作業を終了します。
ファイル名“セピアからカラー発展”
保存先“デスクトップ‐生い立ち‐素材”

お疲れ様でした
これで、[セピアからカラー発展]の素材が完成したので、今まで手掛けてきたVideo Pad(現在曲などを載せて、編集を行っている大元)で作業しているVideo Pad にこの素材を挿入≪写真を取り込む≫して終了です。

≪前のページへ【2枚だし】

次のページへ【背景に動画(付属のネタ)を入れて、豪華に見せる】≫

<スポンサーリンク>

ページ一覧